Jun 29
トビエイ
今日は西伊豆・黄金崎へ潜りに行ってきました。一日雨が降り続け、表層は雨水が入って濁りましたが潜ってしまえば透明度は10m前後で良好です。水温は19〜21℃でした。
相変わらずネジリンボウがあっちにもこっちにもいて、元気にエサをパクパクと食べています。よっぽどお腹が空いているのか一度穴の中に逃げ込んでもすぐに出てきます。
写真はトビエイの子供。子供でも空を飛ぶように泳ぐ姿はカッコイイですね:star1.0:
食事中のトビエイの子供にも会いました。砂の中のエサをもぐもぐ食べています。
黄金崎ビーチでのトビエイ遭遇確率が高くなっているようですよ〜♪

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 28
テンロクケボリガイ
今日の伊豆海洋公園は波も穏やか、いいコンディションでした。浅いところの透明度はちょっといまいちですが午後になって水深20m付近の透明度はグッと上がりました。(ちと水温が低いですが…)
砂地では久しぶりにアオリイカの産卵シーンを見ることができました。今日はとてもたくさんのダイバーが潜りに来ていましたが、逃げることもなく産卵していましたよ。

写真はテンロクケボリガイという貝の仲間。いつも美しい外套膜で殻を覆っています。見えている可愛らしい水玉模様は貝殻の模様ではなく体の一部なんです。
美しいですねぇ〜:**:

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 25
スキューバダイビングライセンス取得コースにご参加のみなさま、修了おめでとうございます!
初めての伊豆の海、楽しく潜れましたでしょうか?講習とはいえ色々なお魚も見られましたね:star1.0:
私もみなさんとワイワイ楽しく3日間を過ごすことができました♪
また伊豆の海でみんなと潜れる日を楽しみにしております!:-D
赤沢ビーチにて

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 21
マツバスズメダイ
今日は雨が降ったり止んだりのお天気、むしむしする梅雨らしいお天気になりました。伊豆海洋公園の海は少々うねりがあり、透明度は5〜8m、水温は17〜20℃でした。
マアジの群れやタカベの群れ、卵を口の中で守るネンブツダイのオスの大集団など、お魚が多くとても賑やかな海です。ソウシカエルアンコウが水深21mという比較的浅いところで見られるのも嬉しいですね。婚姻色になったタナバタウオのオスも見かけました。このお魚を見ると、「あぁ〜、そういえばもうすぐ七夕だなぁ:star1.0:」と毎年思います。

今日の写真は岩肌に産みつけられた卵の世話をするマツバスズメダイ。卵を守るのはパパさんの役割です。お父ちゃん、頑張って!:-D

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 20
イボイソバナガニ
今日は久しぶりにとても濃い霧におおわれました。海辺はいつもと変わらないのですが、ちょっと高いところ(伊豆ぐらんぱる公園前の国道など)は、恐る恐る車を走らせるくらいの濃霧でした。
伊豆海洋公園の海況は良好、透明度は少し良くなったでしょうか、5〜10mくらい、水温は17〜20℃でした。

写真はイボイソバナガニ。クモガニの仲間でいつも宿主のムチカラマツにしがみついています。私はこのカニを見るたびにダッコちゃん人形を連想してしまいます。昔流行ったダッコちゃん人形、今でもだっこちゃんという名のキャラクターとして売っているのだそうな…

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 19
今日は一日曇り空でしたが伊豆海洋公園の海はとても穏やかな海況です。透明度・水温は昨日とほぼ同じ感じでした。
写真はアカイソハゼ。伊豆海洋公園ではあちらこちらで見られる小さなハゼで、写真のようにサンゴの絨毯にちょこんと乗っかっている姿もよく見かける可愛いハゼです:heart:
アカイソハゼ

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 18
ネコザメ
今日は快晴というわけではありませんでしたが、とても過ごしやすいお天気でした。
伊豆海洋公園の海もとても穏やかです。水温は18〜20℃、透明度は3〜10mでした。相変わらず潜る水深によって透明度や水温がだいぶ変わる潮です。

写真はネコザメ。サメと言ってもおとなしい性格で夜行性のサメです。サザエやウニ、甲殻類を好んで食べます。サザエなんか硬い殻をバリバリ割って食べちゃいます8-|
英名ジャパニーズ・ブルヘッド・シャークと言うだけあって頭でっかちなサメなんですが、突進されてドカーンと頭突きされたら痛そうですね:ase:

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 17
梅雨の中休み、今日も良く晴れて気持のいい一日になりました〜♪
アジサイがあちらこちらで咲いていてキレイです:star1.0:
伊豆海洋公園の海は波もなく穏やかな海況。水温は17〜20℃、透明度は3〜8mでした。

写真はビシャモンエビ(メス)。宿主であるムチカラマツのポリプが伸びていてとても綺麗:**:
メスの後ろにちっちゃなオスもいるのですがメスの陰に隠れちゃって一緒に写りません。
ビシャモンエビの母ちゃんたくまし過ぎです:ase:
ビシャモンエビ

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 16
西伊豆・黄金崎へ潜りに行ってきました〜。お天気も良くベタ凪な海況、絶好のダイビング日和でした。透明度は10m前後、水温は20〜21℃でとっても快適♪
今日はテレビ撮影の方々も来ていました。日本テレビの「所さんの目がテン!」という番組の撮影(7月20日放送予定)だそうです。お客様と一緒に水中シーンに出演してしまいました!もちろんエキストラで(笑)。
写真は空き缶の住人、ミジンベニハゼ。すでに岩と同化してしまったかのような空き缶の口から顔をひょっこり出してまわりの様子をうかがっています。なんとも愛くるしいお魚ですよね:heart:
ミジンベニハゼ

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 15
イソバナモドキ
今日の伊豆海洋公園は浅い所で横揺れがやや強い海況でした。水温20℃、透明度は少し落ちてしまい、5〜8mくらいでした。朝一番に潜った人は3mくらいだったと言っていましたので少しは良くなってきているのでしょうか…。黒潮が伊豆半島から離れてしまっているのが痛いですね。早く黒潮がドドーンと入ってきてほしいところです。

今日はホンベラの産卵シーンをじっくり観察してきました。産卵する瞬間を見てみたい方は是非リクエストして下さい。今の季節ならバッチリ観察することができます。
写真はイソバナモドキというサンゴの仲間。ポリプが開いているとお花が咲いているようでとても美しいです。伊豆海洋公園で見られるサンゴの中で個人的にかなり好きなサンゴです:star1.0:

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 13
ナヌカザメ
今日の伊豆海洋公園の海は浅いところと深い所ではっきりと2層になっていて水温も透明度も全然違います。浅いところは透明度8mくらい、水温20℃。深いところは透明度20mオーバー、すっごい先まで見えて気持イィ〜。でも水温が…、これってやっぱり冷水塊?なんと水温15℃ですから〜:ase:

写真は迷彩模様のナヌカザメ。サメと言っても人を襲うような凶暴なサメ、ジョーズ君ではありません。やや深い所に住んでいるサメです。岩の上でお休みしているところをパチリ。夜行性なので日中はじっとしていてあまり動きません。危険を感じると、海水を飲み込んで胃を膨らませるという特異な習性を持つお魚です。

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 12
ハナアナゴ
今日はしとしと雨模様、伊豆海洋公園の海況は北東の風がやや強く、波打ち際はだいぶジャブジャブしていました。
午前中は透明度が良かったのですがお昼頃にちょっと濁った潮が入ってきて透明度が落ちました。黒潮が少し離れてしまっているのが痛いですねぇ。

2の根へ向かう途中、イサキの群れを見ていたらワラサ(ブリ)の大群がドドドーっと目の前を一瞬のうちに通り過ぎて行きました。すごい迫力8-|
写真は砂の中からコンニチハ、ハナアナゴさんです。なが〜い体をクネクネと動かして上手に潜る砂潜り名人。夜になると砂から出てきて行動を始める夜行性のお魚です。

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 11
クロホシイシモチ
今日は一日曇りでしたが伊豆海洋公園の海はとても穏やか、なかなかのダイビング日和です。
水温は18℃〜20℃、透明度は8m〜15mオーバーでした。

水深20mあたりからスコーンと抜ける青い海、クロホシイシモチの群れ(写真)と一緒に泳いでいるだけで気持ちイィ〜:-D
ちょっと水温が低い潮でしたがこれだけ透明度が良いと気分がいいです。
カケアガリではたくさんのネンブツダイ(オス)が卵を口の中にくわえて抱卵しています。昨日あたり一気に産卵が進んだような気がします。
これからの季節いろいろなお魚が産卵期をむかえます。にぎやかで楽しい海が待ってますよ〜♪

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 10
今日は梅雨の間の青空、とーっても気持ちのいい一日になりました:star1.0:
伊豆海洋公園の海況は少しうねりがありましたが良好です。透明度は浅いところと深いところでけっこう差があって8〜15m、水温は20℃前後でした。

写真はもうすぐ産卵期をむかえるベニカエルアンコウ。産卵は日没直後くらいの時間帯に行われるので、産卵の瞬間を見るのは難しいのですが(と言うか無理…)、運が良ければオスの求愛ダンスが見られるかも:wink:
ベニカエルアンコウ

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 09
今日は先日の台風であちこちに散乱してしまったアオリイカ産卵床の復旧作業をお手伝いしてきました。これでまたたくさんのアオリイカが産卵しに来てくれるといいのですが。。。自然の猛威にはかないませんが秋まで産卵床がもってくれることを祈ります。

ところでこのアオリイカ、日本には3種類のアオリイカが分布しているのだそうです。それぞれシロイカ、アカイカ、クロイカ(クアイカ)と呼ばれています。日本本土で見られるアオリイカの大多数がシロイカ型で、伊豆半島に産卵にやってくるアオリイカもこの種類になります。アカイカ型はシロイカ型よりも南方系で、琉球列島・九州四国・小笠原諸島・伊豆半島など暖流の影響を受ける範囲に生息しています。クロイカ型は沖縄北部を含む南西諸島や小笠原諸島に分布しています。
一目で見分けられる形態上の決定的な違いはないそうなのでシロイカと呼ぶよりアオリイカとしておいたほうが都合がいいですね:ase:

伊豆海洋公園の海況は今日も少しうねりあり、水温は20℃前後、透明度は8m前後でした。写真は台風が来る前に撮影したアオリイカです。
アオリイカ

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 08
午前中降っていた雨もお昼前にはあがり湿気の多い梅雨らしい天候となりました。伊豆海洋公園の海はうねりがまだしつこく残っていて、見た目のわりには横揺れがけっこうあるという海況でした。
先日設置したアオリイカの産卵床はあれだけの土嚢で固定していたにもかかわらず台風のうねりでどこかへ飛んで行ってしまいました…:ahhh:。 大自然のチカラってすごいですねぇ。
写真はオオナガレカンザシ。最近好んで撮っている被写体です。
オオナガレカンザシ

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 05
今日の伊豆海洋公園はまだうねりが残っていてクローズ(潜水禁止)となりました。夕方、海況を見に行った時はだいぶうねりもおさまってきていましたが、それでも時折ドドーンと大きな波が打ち寄せてくる状態です。明日、風向きが南西に変わるので少しずつ穏やかになっていくものと思われます。

日が暮れてから伊東市内の丸山公園に蛍を見に行ってきました。ここで見られるのはゲンジボタル(写真)です。雨にもかかわらずホタルたちが淡い光を放ちながら飛び交い、葉の上でもたくさんのホタルたちが美しい光を明滅させていました:**:
言葉では言い表せない美しさ、失いたくない日本の原風景ですね。
ゲンジボタル

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 03

台風5号通過

SCUBA Diving
台風5号のうねりの影響で本日の伊豆海洋公園は波が高く潜水禁止となりました。他の東伊豆エリアのポイントも潜水禁止となっています。台風5号はすでに太平洋側を通過し温帯低気圧となっていますが、少しの間うねりが残りそうです。

今日の写真は昨日撮影したアオリイカの卵。産みたてなので卵に張りがあってピカピカです:**:
アオリイカの卵が孵化するまでに要する期間は、水温15℃で54日〜56日、20℃で33日〜36日、25℃で24日〜27日、30℃で19日〜23日と、水温が高いほど短いのだそうです。
今の伊豆の水温だと約一ヶ月後の7月上旬に新しい命が誕生します:star1.0:
アオリイカの卵

ワイラニ ホーム WAILANI WEB
Jun 02
ベニカエルアンコウ
今日の伊豆地方は雨模様、いよいよ梅雨シーズンに突入ですね。
伊豆海洋公園はオープンしたものの台風5号のうねりが入り始めてけっこういい波がきています。水温は20℃〜、透明度は10m前後でした。明日は台風5号が伊豆半島に接近するので、東伊豆の海は時化そうです。:cry:

写真はベニカエルアンコウ。先日見つけて以来ずっと同じザラカイメンの中にすっぽりとおさまっています。いいお家(?)を見つけたようですね。
しばし観察していたら何か獲物が目に入ったのかエスカを口元に持っていきスタンバイ状態になりました。その後、自慢の釣り竿で獲物をうまく捕えることができたのでしょうか・・・?

ワイラニ ホーム WAILANI WEB